fc2ブログ

技工所見学

一昨日、インプラントなど主に自費治療でお世話になっている技工士さんの
所に見学へ行ってきました。

技工士さんは歯科の中では表に出ない裏方さんのイメージが強いですが
決して欠くことのできない大切なパートナーです。

患者様の口の中に一つのかぶせ物(金属の歯など)が入るまでに
まず患者様は

受付で診察券や保険書などを渡し受付と接する
そして助手や衛生士が患者さんを診療台まで案内し
歯科医師が診療する。
治療するのも決して歯科医師一人でできるわけはなく
助手さんが正しくライトをあてたり、バーキューム(唾液などを吸う器具)で吸ったり
また上手にセメントや型取り材を練ったり、
また衛生士さんが上手に型取りをしたり、
そして口の中をきれいに掃除したり、
そこまでの行程がうまくいったうえで
技工士さんが模型から患者様のお口にぴったり合った
修復物を作ってこられる。

全ての行程でそれぞれのセクションで各々が確実に仕事をして
やっと患者様のお口の中にぴったりのものが入り
そして患者様が満足、納得していただけるものと思っています。

日ごろお世話になっていますが、なかなか現場を見たりする機会が
ないためこの時間を生かしていって参りました。

この技工所さんは現在10人ぐらいの規模でやってられるのですが
皆さん中がよさそうでトップの方を慕って、皆さんが一致団結して
仕事をされているなと言う印象を持ちました。
僕の中では技工士さんは職人さんというイメージがあったので
雰囲気は暗いのかなと思っていたのですが
まず入った時点の雰囲気で違いました。明るい。

どんな職種の店でもそうですが店に入った時の雰囲気って重要ですよね。
雰囲気一つで居心地が悪くすぐに出たくなったり、あるいは
逆に居心地がよくなったりすることがあります。
そして何よりもそこで働く人たちの仕事に対する姿勢を感じたりすることもあります。

こんな雰囲気にするにはどうしたらええんやろ??と考えていたところで
トップのMさんは
「僕は本当に人に恵まれてここまで来た。だからまわりに感謝してる」と。
これかっ!!と
きっとこの職場では相方が感謝しあって働いているのではないでしょうか。
理想とする職場づくりに大きなヒントを得た一日でした。





コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうの歯科

Author:こうの歯科
こうの歯科
京都市西京区の歯科医院 こうの歯科です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ