fc2ブログ

秋ですね衛生士の荻原です^^)
そういえばハロウィンの季節でもありますね
こうの歯科は、いつの間にかハロウィン仕様になっています
いたるところにカボチャがいるので、探してみてください
少しでも歯科医院が怖くなくなるよう
特にお子さんにとって歯医者は怖いところ。いやなところ。
やはりそんなイメージを持っている子も多くいて、なかなかスムーズに治療ができない子もしばしば…。今日はこうの歯科に練習をしに来ている子がたまたまですが、たくさんいました
3歳ぐらいの子から小学生中学年の子まで
一度でも「痛い。怖い。」という思いを植え付けてしまうと、子供さんは賢いので、完全拒否(T_T)
なので、特に初めての歯科受診の子にはいつも以上に気合いが入ります!
そして、すでに始めから歯科に恐怖があり、治療出来ない子にはあの手この手を使い、怖くないよ~楽しいよとスタッフやご家族の方と協力し合い、毎回奮闘しています
始めは部屋にも入れなかった子が、何回も回を重ねる毎に少しずつできるようになり、ついに治療ができた時はもう感激
涙が出そうになることも…
こうの歯科では、押さえつけて治療するということは院長の方針でしていません。
なぜかというと、一度でも押さえつけて治療した子はトラウマになり、大人になっても自力で歯医者にいけない子になることが多いからです。
実際に私の弟はそうです。
小さい時に虫歯だらけだった弟(今思えばジュースをいつでも飲んでいました)は、歯科医院で押さえつけて、進行止めの薬を塗布。
高校生になった今でも歯科医院が怖く虫歯で痛くても、行きたがりません。聞くと、行って治療を始めると気持ち悪くなり吐き気がするそうです。
歯科医院は生涯歯を健康に保つためには、必ず定期的に通わなくてはいけない切っても切り離せないものなのです。私も歯科衛生士として、弟のような子を増やしたくありません。
お母さま方にはとてもお忙しい中、歯科医院に何度も通っていただくことは非常に大変なことだと思います。それでも、やはりお子様の今だけではなく将来のため。歯科医院は痛くない怖くない所、とお子様が楽しく治療できるようにご協力いただきたいと思っています。
いつも通っていただいているお母さまありがとうございます。近い未来「できたー」と満面の笑みを浮かべている姿を夢みて
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうの歯科

Author:こうの歯科
こうの歯科
京都市西京区の歯科医院 こうの歯科です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ